資産運用に困ったら

お財布

悪徳業者に注意

資産運用を始めたいけど、知識もなくどうしたら良いか分からないという人が多いのではないでしょうか。最近では金融機関で様々な金融商品を取り扱っており、自分に合った金融商品選びが重要となってきています。そんな状況の中で、投資に関する助言を行う、投資顧問という業者も出現してきています。投資顧問は有価証券に対する価値を専門的な目線で判断し、投資家にアドバイスをしたり投資家に代わって運用する業者のことです。日本では1965年頃から投資情報を提供するサービスが増え、投資顧問業者が設立されてきました。個人投資家にとって、具体的な分析情報を得られることが大きなメリットと言えます。しかし、お金儲けの話になると出てくるのが悪徳業者です。投資顧問という立場を利用して、利用料金を取りつつ当たらない銘柄ばかりを買わされるケースもあるようです。投資顧問を利用するには、信頼できる業者選びということが一番のポイントとなるでしょう。

業者選びのポイント

信頼できる投資顧問業者を選ぶには、まず投資顧問業協会の会員であるかどうかで判断します。この協会は内閣総理大臣により認定されたもので、会員となった業者の公正性を示しています。また、健全な投資顧問業と投資家の保護を目的としているため、信頼できるかどうかを見極めるポイントとなります。その上で、自分に合った投資顧問を選ぶには、どのような着眼点で分析を行っているかを知ることです。例えば、登録するだけで無料で情報を受け取れるサービスを行っている業者もあり、その内容によって把握することができます。いくつかの業者で決めかねている場合は、登録して無料サービスの中身を覗いてみるのも良いでしょう。また実際に契約して投資顧問を利用する場合は、ホームページに利用方法や契約内容がしっかり明記されていることも重要となります。くれぐれも、悪徳業者に引っかからないように注意しましょう。